株式会社富士製作所

サステナビリティ

Sustainability

  • HOME
  • サステナビリティ

CSR(社会的責任)について

FUJIは、企業活動を通じて市民や地域、社会の要請に対し積極的に貢献してまいります。

FUJI×SDGs

サステナビリティの方向性

人と循環型社会に貢献できる製品を生み出し、有限資源を使わずに動き続ける「持続可能エネルギー」の創造を目指す。

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

FUJIは、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までに目指すべき17の目標と169のターゲットからなる国際的な目標である「持続可能な開発目標(SDGs : Sustainable Development Goals)」に対し、事業活動と社会貢献活動を通じ、目標達成に向けて一層の活動の促進に取り組んでいます。

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み
SDGs達成へのコミットメント

SDGs達成へのコミットメント

FUJIは、事業を通じて社会課題の解決と価値の創造に取り組んでおります。
自動化ソリューションによる「労働力不足への対応」やECO商品提供などの「地球環境への負荷の低減」を通じて、SDGsが目指す持続可能な社会実現に向けて貢献いたします。

FUJIとSDGs

SDGs(持続可能な開発目標)には、FUJIが以前から取り組んでいる活動も多く、これからもこの目標の達成に向けて貢献いたします。

長坂真護の応援

FUJIは問題解決型アーティストの長坂真護さんを応援しています。

長坂真護の応援
ESGの観点

ESGの観点

現代では企業の売上や利益が優れているだけでは評価されない世の中です。
そこで環境、社会、企業統治への取り組み姿勢と企業の長期的な成長や持続可能な社会の実現につながるという考え方の下、企業価値を測る新たな評価基準であるESG(CSR、SDGs含む)に基づいた企業経営を進めて行きたいと考えます。

環境への取り組み

株式会社 富士製作所は、「地球環境の保全」が重要課題であることを認識し、企業活動のあらゆる面で、地球環境の継続的な改善及び汚染の予防に配慮して行動する。

1.スローガン

「資源を大切にしよう」

2.行動方針

当社は、以下に基づき、環境マネジメントシステムの継続的な改善及び汚染の予防を推進し、環境保護に対して協力していくことを約束する。

1)当社の事業活動、製品又はサービスによる環境への影響を評価し、重要な項目については、技術的かつ経済的に可能な範囲で環境目標を定めて、これを実施し、その結果の見直しを行って、環境パフォーマンスを向上させるための環境マネジメントシステムの継続的な改善を図る。

2)関連する環境法規制、条例・協定及び当社が同意する その他の要求事項を順守する。

3)当社が行う事業活動の全段階を通じて、環境に与える影響の中で、特に以下の項目については優先的に環境保全活動を推進する必要性を認識し、全社的活動として行動する。
①環境に配慮した製品の開発 及び 提供
②資源の有効活用
③リサイクルの推進による、産業廃棄物の削減
④各種エネルギーの効率の向上

4)準社員、派遣社員を含む全従業員に対し、環境に関する教育及び意識向上活動を実施する。

5)当社の従業員、準社員から派遣社員にいたるまで環境方針を周知徹底させ、環境活動における自分の役割を認識させる。

ISO

ISO9000認証取得。業界発、国際規格の構築。

プレスベアリングの分野ではトップ水準に到達したFUJI。しかし、この領域に限定すれば満足できる品質精度であっても、上位の領域ではさらに厳しい条件が要求されます。FUJIは過去に安住することなく、より高いレベルの品質マネジメントシステムを構築。その一つが、全社一丸となって取り組み、1998年に取得したISO9001・ISO9002。品質マネジメントの国際規格ISO9000シリーズの認証取得は、プレスベアリング業界では初めてのこと。グローバルスタンダードを日々の現場に反映させるこのシステムを基本として、開発、生産、納品に至るまでの事細かな指示や伝達手段、品質管理の手法、アフターフォローに対する社内体制の整備などを、常に改善・進化をさせています。

地球環境への意思。国際市場へのさらなる挑戦。

FUJIは、今後あらゆる国際企業にとって必要不可欠となる環境負荷の削減にもいち早く着目。挑戦を日常とするFUJIのDNAは、1999年に取得した環境マネジメントシステムISO14001の構築にも生かされました。ISO9001とISO14001二つの認証を取得することで国際標準化企業への礎が出来たと確信しております。

IATF16949(旧TS16949)取得を目指して。

FUJIは、あらゆるお客様からより信頼を得る為にIATF16949の取得を目指します。
その為に全員参加経営で取組み、次なるステージへ挑戦し続けます。

TOP