持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

FUJIは、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までに目指すべき17の目標と169のターゲットからなる国際的な目標である「持続可能な開発目標(SDGs : Sustainable Development Goals)」に対し、事業活動と社会貢献活動を通じ、目標達成に向けて一層の活動の促進に取り組んでいます。

SDGs達成へのコミットメント

FUJIは、事業を通じて社会課題の解決と価値の創造に取り組んでおります。
自動化ソリューションによる「労働力不足への対応」やECO商品提供などの「地球環境への負荷の低減」を通じて、SDGsが目指す持続可能な社会実現に向けて貢献いたします。

FUJIとSDGs

SDGs(持続可能な開発目標)には、FUJIが以前から取り組んでいる活動も多く、これからもこの目標の達成に向けて貢献いたします。

製品の品質

経営理念に「公約した品質の厳守」、行動指針に「お客様第一主義」を掲げ、常にお客様の目線で業務し、常に安定した品質と最高のサービスをご提供できる様、日々努力を続け、信頼と安心を構築する事を目指します。

  • 部門で品質目標を設定して品質改善活動を推進しております。
  • 製造された製品の顧客苦情・品質工程異常の状況をデータ管理し、不適合の分析を早急に行い、より一層の品質向上に努めております。
  • 全部門の社員に「品質管理検定3級」以上の取得を義務付け常に品質に関する意識のベクトルを合わせています。

従業員の健康・安全

安全衛生委員会を設置し、職場の安全対策や熱中症・インフルエンザ対策などの労働衛生テーマについて検討し、 社員の健康に配慮しております。

  • 健康増進・過重労働防止に向け、ロボット・メカトロ機器による生産工程の省力化や荷物置き換え補助装置の活用、梱包重量の見直しにより、従業員の腰痛や過労を防止するなど、具体的な目標を策定し取り組んでおります。
  • 従業員の感染症予防に向けた取り組みをしております。具体的には、家族を含めたインフルエンザ予防接種の補助金実施、従業員へのマスク無償配布、各所にアルコール消毒液の設置などを行っております。

環境への取り組み

環境にやさしい資材や機器の購入、リサイクル、二酸化炭素排出量の削減、電気や水の消費量削減など、事業活動全般にわたって、常に環境負荷を軽減する努力を行っております。

  • 使用している営業車両に関して、低公害車(ハイブリッド車などの環境配慮型車両)を積極的に導入しております。
  • 事業所や社宅の照明設備をLEDに切り替えております。

次世代育成支援

社員の育児休業取得について、すべての社員が積極的な制度活用を図れるように行動計画を定め、着実に実施しております。

  • 育児休暇、時短制度などの育児対応しております。

働き方改革の実現

多様な人材が柔軟な働き方を選択できる環境を整備し、労使間の協定に基づいた労働時間などを踏まえ、従業員が過重 な勤務とならないように管理してまいります。

  • 時短勤務・限定職・専門職の選択ができます。
  • 毎週水曜日にノー残業デーを設定し、定時退社奨励の推進活動を実施しております。
  • 長時間労働の削減をしております。
  • 満65歳以降、勤務の継続を希望する社員については、本人の希望を確認した上で、職場とのマッチングを行い継続して勤務ができるようにしています。

ダイバーシティ

年齢、学歴、性別、国籍などに左右されることなく、教育、配置、業務の平等な機会が与えられ、さまざまな職場の経験を通してキャリア形成を図り、本人の能力で昇格昇進が検討される人事体系を確立しております。

  • 外国籍社員の採用、外国人技能実習生を受け入れております。
  • 年齢、社歴に関わらず若手社員がリーダーとして活躍しております。
  • リーダー研修など様々な研修を実施しております。